スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どのような日記がいいかな?

2014.10.13.16:53

世相が反映される仕送り金額の推移 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141013-00010000-dime-soci

 初めての一人暮らし、そのきっかけは? 始めた時の年齢は? 仕送り金額は? 株式会社エイチームのグループ会社である株式会社引越し侍は、同社が運営する引越し比較・予約サイト『引越し侍』の利用者に対して『初めての一人暮らしに関する調査』を実施。調査の結果、バブル時代は、仕送り金額もバブルだったことが判明した。また、年代別の金額の推移を見てみると、見事に世相が反映されていることが分かった。 ◆7割以上の人が、一人暮らしを経験 サイトを利用した人へ、一人暮らしをしたことがあるかを聞くと「はい」と答えた人は75%、いいえと答えた人は25%と、7割以上の人が一人暮らしを経験していたことが分かった。また、一人暮らしを始めた年齢で最も多かったのは「18歳」という回答。1103件(※一人暮らしをしたことがあると答えた人の件数)中の385票と、かなりの割合を占めていることがわかった。18歳と言えば、高校を卒業する年齢。高校卒業と同時に、大学進学や就職といった、人生における大きな節目が訪れる歳。実際に、18歳で初めて一人暮らしをしたという人のほとんどは、進学がきっかけだったと答えている。同一県内が中心だった高校進学までとは違い、日本全国が対象となる大学進学は、実家から離れた大学を選ぶ可能性も高くなるため、18歳というタイミングで親元を離れる場合が多いのも納得できる。 ◆時代の背景が表われた、仕送り金額の推移 一人暮らしをしていた際、両親から仕送りを受けていたかを聞いたところ「はい」と答えた人が38%「いいえ」と答えた人が62%となった。仕送りを受けていたと答えた人のほとんどは、進学をきっかけに一人暮らしを始めたという人だった。仕送り金額の平均は73,336円だったが、年代別の金額の推移を見てみると、見事に世相が反映されていることが分かる。『バブル期』と呼ばれた1980年代後半から1990年代前半に学生時代を過ごした40代の人たちの平均金額が、他の年代と比べて最も高くなっており、その後は下がる一方で、特に2000年代以降は顕著に下がっていることがわかった。現在の40代は、現在10代よりも、仕送りを約1.3倍、金額にしておよそ2万円多くもらっていたことが分かった。仕送り金額は、景気の変化に敏感であると言えそうだ。 ◎一人暮らしをして初めて分かった、両親に対するありがたみ・一人暮らしを始めて2か月程で風邪をこじらせました。39度近い熱がある中、知人もあまりおらず、一人でしんどい思いをしていた時に、母親がわざわざ実家から看病に来てくれました。未だに、その時に作ってくれたうどんの味を覚えています。本当にありがたいと感じました。(20代・女性/18歳で一人暮らし) ・父が毎週末、かかさず電話をくれて、元気でやっているかと、やさしい言葉をかけてくれました。27年、毎週末、かかさず電話をくれた父に感謝しています。(40代・男性/17歳で一人暮らし) ・実家に帰ったときに、自分の出費を極限まで切り詰めている母の姿を見て、遠く離れた地で、自堕落な甘ったれた生活が送れているのは、母の犠牲があってなんだとわかり、ひどく反省しました。(20代・男性/18歳で一人暮らし) 【調査概要】 調査エリア :全国 調査方法  :同サイトを利用して実際に引越しをした人を対象にインターネットアンケートを実施 サンプル数 :1469件 調査期間  :2014年4月~5月



話題になる件数が伸びている日記の情報はチェックしていますか。人気の日記なので話題を確認しているというような人もきっといるのではないかと思っています。この記事を読んでいる方で確認をしていないという人もいるのではないかと思いますので、個人的に話題になっていた情報を引用してみました。

"

ブラジル統一選挙、棄権率は1998年以降、最多に http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141009-00000599-mbrasiln-s_ame

選挙高等裁判所が(10月)7日、(今月)5日の統一選一次投票には1億4280万人の有権者中2770万人が欠席、棄権率は19.4%だったと発表した。同日付「G1」サイトによると、大統領選で見た場合の棄権率は19.4%、白票は全投票数1億1510万票中の440万票(3.8%)で、どちらも1998年の棄権率21.5%と白票8.0%に次ぐ高率となった。また、無効票は5.8%で、2002年選挙の7.4%に次ぐ高率となった。聖州(サンパウロ州)の場合の棄権率はほぼ20%で、2010年の選挙より約3%ポイント高かった。聖州選挙裁判所広報官のマリア・フランシスカ・モッタ氏によると、棄権率が高かった理由の一つは有権者の情報が更新されていなかったためだという。有権者の情報の一斉更新は1989年が最後で、引越や結婚などで投票地変更などを行うべきだったのに情報が更新されていない人が相当数いると考えられる。同広報官によると、有権者の指紋登録が行われ、情報が更新されている自治体での棄権率は11%のみだったという。なお、今回の選挙で当選した下議513人中87人(16.95%)は政治家の息子や親戚。下議最年長はミナス(・ジェライス)州選出のボニファシオ・アンドラダ氏(民主社会党、84)で、最年少はバイア州選出のウルドゥリコ・ジュニオル氏(キリスト者労働党、22)。上議最年長はパライバ州選出のジョゼ・マラニョン氏(民主運動党、81)だった。(記事提供/ニッケイ新聞)

引越し 新潟 東京
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ノビスケ

Author:ノビスケ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。