スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日記って、どうなの?

2015.01.19.09:43

「死化粧師」モデルが語るエンバーミング 根本は相手を知ること http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150119-00000080-spnannex-ent

 葬儀前の遺体に防腐や殺菌、修復処置を施す「エンバーミング」という職業がある。土葬文化の欧米では一般的だが、日本でもこの20年で徐々に普及してきた。事故や病気で傷んだ体を生前の元気な姿に近づけ、遺族の悲しみを和らげる「エンバーマー」に密着した。 東京都板橋区の斎場にある「エンバーミングルーム」。アルミ製の寝台に、50代男性の遺体が横たわっていた。闘病生活が長かったのだろうか。くぼんだ頬、痩せこけた体。肌は緑色に見えた。 エンバーマー橋爪謙一郎(47)は遺体の前に立つと、目を閉じて手を合わせた。 まずは、遺体の腐敗と細菌の繁殖を防ぐ。服を脱がせて全身を洗浄し、殺菌スプレーで消毒。腐敗の元となる血液を排出し、防腐や殺菌効果のある薬液を注入する。調合次第では腐敗を1カ月以上防げる。 鎖骨付近をメスで約2センチ切り、血管にチューブを接続。大きなポンプのスイッチを入れた。室内にホルマリンなどの強い刺激臭が広がる。換気扇が回ってはいるが、涙が出そうだ。 死後の体に起きる変化は人それぞれで、処置も違う。肌が緑色なのは、黄疸(おうだん)を起こす黄色い色素が酸化、変色したためだという。橋爪は緑の色素を洗い流す薬液を調合した。薬液は赤系の色が多い。全身に回ると、肌は中から赤くなり、血色を取り戻したように見えた。 「エンバーミングは医学の初歩を知らないとできない」という。事故や病気で欠損した体の一部を、蜜蝋(みつろう)というワックスで修復することもある。 遺体は穏やかな表情で眠っていた。死後硬直した顔の筋肉をほぐし、半開きだった目を閉じたからでもある。「棺の中の顔は、残された者の心に一生残る。苦しそうな顔で良い別れはできない」と話した。 橋爪は実家が葬儀社だったこともあり、この道を選んだ。遺族がきちんと故人とお別れできているか気になっていたといい、90年代に米国に留学し、エンバーミングを学んだ。日本のパイオニア的存在で、07年にテレビ東京でドラマ化された漫画「死化粧師」では主人公のモデルになった。 実は学生時代、新聞記者志望だったという。主な新聞社は「全部受けた」。筆記試験をパスし、何社かの面接を順調に進んだ。「社長面接で“従軍記者になりたい”と言ったのが良くなかったらしい。現場はそういう人間がほしい、と言ってくれたが」と苦笑いした。 根本にあるのは、自分の目で見て、耳で聞かなければ納得しない姿勢。エンバーマーとなった今も、それは変わらない。 多くの場合、施術前に故人の写真が渡される。だが「故人の顔は、写真だけで伝わらない。遺族が覚えておきたい“いい表情”は、雑談している時だったりする。カメラを向けられて、そんな顔はできない」という。 施術後、自宅や斎場で葬儀を待つ遺体を再び訪れることにしている。肌を自然に見せるベースメークは済ませてあるが、専門スタッフと一緒に、化粧直しするのだ。その際、故人の人柄を遺族に聞く。「優しい人だった」「威厳があった」「あの時あんな事があった」。聞き出した“顔”に近づけていく。 思い出深い“失敗”がある。ある遺族の話から、色白に化粧直しした例だ。その後、「故人は地黒だった」という話になり、直した。遺族の思い浮かべる故人は1つではない。化粧直しの間、ほぼ例外なく思い出話に花が咲く。出来上がった顔を見ると、遺族の表情も穏やかになるという。 「どんな仕事も取材がなければ成り立たない」と強調。会話を重ね、相手を知ることなしに満足な仕事はできない。それは物言わぬ故人が相手でも同じなのだ。 =敬称略=



"

なぜCEOは「貴重な助言」を無視するのか?――ウォルマートとグリーンスパンの「避けられた失敗」 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150119-00065220-diamond-bus_all

 綿密に計画を練り上げて意思決定をしたはずなのに、気がついたら違う行動をしていた、という経験はないでしょうか?  勉強やダイエットを決意したのに翌日にはサボり、老後のために立てた貯蓄計画は日々の散財でダメになり、顧客ロイヤルティを高めるための新しいマーケティングプランはまったく逆の結果に終わり……。そう、私たちは往々にして、当初思い描いた計画から「脱線」し、そのせいですぐそこにあったはずの成功を逃してしまいがちです。「私たちの意思決定は、なぜこれほど頻繁に脱線してしまうのだろうか? 」「どうすれば、軌道から外れないようにできるのか? 」『失敗は「そこ」からはじまる』でこの疑問に答えた、研究者にしてコンサルタントが、「あと一歩」でしくじってしまった人や企業の事例から解き明かした意思決定の原則から、「とっておき」をピックアップしてご紹介します。● なぜ「世界のウォルマート」はドイツで大失敗したのか?  あなたはきっと、こんなふうに考えていることだろう。 実生活では、重大な決定(老後のための蓄えをどう投資するか、提示された働き口を受け入れるかどうか、恋人にはどうプロポーズするのが最善か、といった決定)を下す際には、他者の有益な助言を無視したりはしない。その決定について自分と同等、もしくはそれ以上の知識を持った人の意見には耳を傾けるだろう。彼らに相談し、それぞれ独自の意見を求め、慎重に検討し、自分の考えと彼らの意見を合理的に比べてから、意思決定を行うはずだ、と。 ところが実際には、そうしないことは請け合いだ。 それを裏づけるために、CEO(最高経営責任者)らの経営陣が同僚や同輩、その他の関係者の助言に耳を貸さず、痛い目に遭った話が新聞でしばしば報じられるという事実を挙げよう。 たとえば華々しい成功を収めていたウォルマートは2006年、ドイツでは不首尾に終わった。ウォルマートは一見すると無敵のビジネスモデルを携えてドイツに進出したが、そのモデルはたちまち行きづまり、同社はドイツ国内の店舗を赤字覚悟で売却しはじめた。目を覆うような惨状だったので、ウォルマートの大失敗は、リーダーはこうふるまってはならない例としてさまざまな教科書に取りあげられているほどだ。 ウォルマートはドイツで数々のミスを犯した。だが私の目を引いたのは、ウォルマートのCEO、H・リー・スコットら、上級のエグゼクティブが、営業時間や価格設定に関する法律を含め、ドイツの法律や企業文化の複雑さにまつわる、ドイツ人中間管理職たちの助言を無視した事実だ。ドイツの管理職たちは、ウォルマートの経営幹部よりも地位は低かったが、ドイツで物事がどう行われるかについては、明らかに知識も経験も豊富だった。それにもかかわらず、彼らの助言は無視された。 これはビジネスの世界に限ったことではなく、助言を無視したのが高くついたという話は、政治、医療、教育など、ほかの分野でも見つかるし、個人の経験にも及ぶことは言うまでもない。たいていの人は、これまで何らかの折に、禁煙するようにとか運動をするようにとかいった医師の助言を無視した経験がおそらくあるだろう。同様に、ワシントンの政治家たちは、予算編成で大鉈を振るうようにとか、互いにもっと協力するようにとかいった助言を繰りかえし無視している。

久保田式 多汗症改善7日間プログラム
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ノビスケ

Author:ノビスケ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。