スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私と日記

2015.01.29.11:59

"

iPadやNexus 9よりお得? ハイホーのSIM×YOGA Tablet 2セットプランをチェック http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150123-00000021-mycomj-sci

格安SIMサービスを提供しているハイホーが、レノボの8インチAndroidタブレット「YOGA Tablet 2-830L」(SIMフリー版)とSIMカードをセットにした「hi-ho LTE typeD ミニマムスタート with YOGA Tablet 2 【LTE】」の提供を開始した。同セットプランは、運用コストをおさえつつ最新のタブレット端末を利用できる、とても魅力的なプランになっている。【もっとほかの写真をみる】そこで本稿では、同セットサービスの概要を紹介するとともに、YOGA Tablet 2を他の人気タブレットと比較。その特長について紹介していきたい。お得にタブレットを購入できる本セットサービスをうまく活用して、春からの新生活を充実したものにしてほしい。○YOGA Tablet 2とは?YOGA Tablet 2-830Lは、レノボが提供する8インチのAndroidタブレット。背面にSIMカードスロットを備えており、hi-hoのデータ専用SIMカードを挿せばモバイル通信が利用できるようになる。ディスプレイには解像度1920×1200のIPS液晶を採用、CPUはIntel Atom Z3745 プロセッサ(1.33~1.86GHzクアッドコア)を搭載。内蔵ストレージは16GBで、外部ストレージとしてmicro SDカード(最大64GB)が利用できる。RAMは2GB。前面に160万画素、背面に800万画素のカメラを備える。OSはAndroid 4.4 Kitkatを採用している。YOGA Tablet 2の特長のひとつは、自立可能なキックスタンドを備える点にある。タブレットのように側面を握って使う「ホールド」、机に立てて使う「スタンド」、机に寝かせて使う「チルト」、壁にかける「ハング」という、生活に合わせた4つのスタイルで利用できる。これにより料理中に画面を見たり、食事中にSNSをチェックしたり、エクササイズ中に音楽を聴いたりといったことも可能になる。バッテリーは大容量の6,400mAh。駆動時間は最大18時間となっているので、動画の視聴などバッテリーを多く消費するコンテンツも安心して楽しめる。センサー類も充実。GPS機能も備えているので、Googleマップなどのナビゲーションアプリ類を8インチの大画面で利用できる。○hi-ho LTE typeDのサービス内容続いてhi-ho LTE typeD ミニマムスタート with YOGA Tablet 2 【LTE】のサービス内容について紹介したい。同プランは、毎月のデータ通信料込みで月額2,787円となっている。データ通信は、毎月2GBまで利用可能。NTTドコモのカバーする全国のエリアに対応しており、通信速度は下り最大150Mbps/ 上り最大50Mbpsと非常に快適だ。hi-hoの同プランではテザリングも利用可能で、YOGA Tablet 2をルーター代わりにして、他のWi-Fi端末をインターネットにつなげることができる。このほかサポートも充実しており、「hi-ho あんしん機器保証オプション」ではトラブルの発生時に最大50,000円の”お見舞金”が支払われる。安いだけでなく、安心感も得られるサービスと言えるだろう。○iPadとNexus 9と比較ここで、人気の他社製タブレットとYOGA Tablet 2を比較してみたい。アップルの「iPad Air 2」(9.7インチ)、ASUSの「Nexus 9」(8.9インチ)と比較すると、下の表のようになる。YOGA Tablet 2は軽量でコンパクトな造りになっていることがお分かりいただけるだろう。前述の通りカバーなどをつけなくとも製品単体で自立できるので、他のタブレットと比較しても「気軽に」「どこへでも」持っていけるのが魅力だ。ちなみにNTTドコモでは2014-2015冬春モデルとして「ARROWS Tab F-03G」(オンラインショップの価格は税込93,312円)と「GALAXY Tab S 8.4 SC-03G」(同62,208円)を、KDDI(au)では「GALAXY Tab S SCT21」(同81,000円)などを販売しているが、hi-hoの格安SIM×YOGA Tablet 2の組み合わせと比較すると、端末の価格も運用費も高価なものになってしまうことは否めない。*  *  *本稿で紹介した通り、ハイホーの「hi-ho LTE typeD ミニマムスタート with YOGA Tablet 2 【LTE】」では、ハイスペックかつ使い勝手のよい「YOGA Tablet 2」をキャリアのタブレットよりお得に運用できる。春からの新生活に備え、良いタブレットをできるだけお得に購入したいと思っている人には、まさに最適なセットプランと言えるだろう。今春から一人暮らしをする学生や新社会人、引越しを機に通信費を見直そうと考えている家族などはぜひ本稿を一読頂きたい。なおYOGA Tablet 2の使い勝手については、マイナビニュースの別稿でも紹介しているのであわせてチェックしてほしい。こちらの記事では、本稿でも紹介した4つの利用スタイルについて詳しくレビューしている。



"

1番検索された駅は?駅名検索数・年間ランキング2014関東編 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150126-00076844-suumoj-life

住まい探しをするとき、まずエリアを絞り込む人も多いだろう。ということは検索した人が多い駅は、みんなが気になっているエリアともいえるはず。そこで「SUUMO賃貸 PC版」で2014年1月~12月の1年間、どの駅がどれだけのユーザーに検索されたのかを調査。茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川という関東1都6県の計2487駅のうち、最も多く検索された駅トップ10を発表しよう。■関東1都6県 駅名検索ランキング2014順位/駅名/沿線(所在地)1位 新宿 JR山手線ほか(東京都新宿区・渋谷区)2位 渋谷 JR山手線ほか(東京都渋谷区)3位 池袋 JR山手線ほか(東京都豊島区)4位 恵比寿 JR山手線ほか(東京都渋谷区)5位 中野 JR中央線ほか(東京都中野区)6位 吉祥寺 JR中央線ほか(東京都武蔵野市)7位 目黒 JR山手線ほか(東京都品川区)8位 荻窪 JR中央線ほか(東京都杉並区)9位 武蔵小杉 JR横須賀線ほか(神奈川県川崎市)10位 中目黒 東急東横線ほか(東京都目黒区)■トップ10はほぼ都内が独占。意外な調査結果も判明?1位になった新宿駅は、JR各線をはじめ小田急線、京王線、東京メトロ、都営地下鉄が乗り入れる巨大ターミナル駅。交通の便がいいのはもちろん、駅周辺は飲食や買い物をするにも便利な東京屈指の繁華街。ちなみにリクルート住まいカンパニーによる「住みたい街ランキング2014(関東編)」では、新宿駅は総合7位にランクインしていた。以下2位が渋谷駅、3位が池袋駅と、新宿駅と肩を並べる繁華街を検索した人が多かった。4位の恵比寿駅は前出の住みたい街ランキングでも2位になった人気エリアだ。しかし、この住みたい街ランキングと今回の調査の結果は、あまり一致していないのが興味深い。今回3位の池袋駅は「住みたい街」でも3位に入ったが、今回2位の渋谷駅は「住みたい街」14位、今回5位の中野駅は「住みたい街」12位、今回6位の吉祥寺駅は「住みたい街」では1位だった。このような違いが表れたのは、純粋に「住みたい」から検索するだけではなく、引越しを検討している地域と東京の有名どころの家賃相場を比較するために検索したり、あるいは都心にはどんな物件があるのかと興味本位から検索したり、といったさまざまなユーザーがいるためかもしれない。【画像1】TOP3は新宿・渋谷・池袋と、ターミナル駅がランクインした(写真:iStock / thinkstock、masterlu / 123RF 写真素材)■再開発で注目される目黒、武蔵小杉もランクイン7位はJR山手線と東急目黒線、東京メトロ南北線、都営三田線が乗り入れる目黒駅。現在、駅前は大規模な再開発が始まったばかり。約2.3ヘクタールの敷地に、40階・38階建てのツインタワー(1棟は商業施設も含む複合ビル、1棟は住居棟)と27階建てのオフィスビルが建設される予定だ。前出の住みたい街ランキングでは11位だったが、今後いっそう注目度がアップするだろう。今回唯一、東京以外からトップ10入りしたのは9位の武蔵小杉駅。横須賀線、湘南新宿ラインなどのJR各線と、東急東横線・目黒線が停車する。ここ数年来、再開発が進んでおり、2014年には商業施設の「ららテラス武蔵小杉」と「グランツリー武蔵小杉」が相次いでオープン。駅周辺にはすでに複数のマンションやオフィスビルが完成し、今後も建築が予定されている。【画像2】再開発のすすむ目黒と武蔵小杉もランクイン。今後も注目度がアップしそうだ(写真:bluehand / 123RF 写真素材)トップ10を振り返ると、山手線・中央線の駅が多数を占め、JR沿線の人気度がうかがえる。またトップ3はいずれも複数路線が利用できるターミナル駅であり、交通の便がいい駅ほど検索されるようだ。ただし今回の調査は「検索した人が多かった駅」であり、その結果は「住みたい街ランキング」とはイコールではないことが判明。「住んでみたい」と「実際に住む」とでは事情も変わるので、今回の結果は利便性を求めている人が多かったということかもしれない。たしかに「ちょっと気になる」程度でも検索するだけなら手間なくでき、エリアごとの物件タイプやおよその家賃相場が簡単に調べられる。気になる駅があれば、気軽に検索を利用してみてはいかがだろう。●調査概要・ランキングはSUUMO賃貸関東PC版(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)に登録されている駅が対象です・2014年1月1日~12月31日までに対象駅を検索したユーザー数をもとに算出しています●ランクインした駅の賃貸物件を探す新宿 渋谷 池袋 恵比寿 中野 吉祥寺 目黒 荻窪 武蔵小杉 中目黒●SUUMO賃貸 関東版HP:http://suumo.jp/chintai/kanto/

引越し 見積もり 安い
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ノビスケ

Author:ノビスケ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。